&新篠津

青い空を鳥のように飛ぶグライダー
見ているだけでも爽やかな気分になれます

石狩平野のほぼ中央、石狩川の河川敷に、札幌航空協会が拠点としている「新しのつ滑空場」があります。ここで飛んでいるのはグライダー。会員たちが「ウインチ曳航」によって、スポーツ航空を楽しんでいます。離陸する様子、気持ちよく飛んでいる様子は見ているだけでもワクワクします。見学する際は、グライダーや牽引ワイヤーなどが高速で動いていて危険なので、堤防の道路から滑走路脇の青い車に声をかけましょう。より身近に見られて安全な場所に誘導してくれます。また、日曜日と祝日には体験搭乗することもできます。現地で声をかけてみてください。鳥の気分を味わうことができます。ただし人数が多いと対応できない場合があるのでご注意。

新しのつ滑空場

  • 【住所】石狩郡新篠津村北11号
  • 【営業期間/開催期間】5〜10月の日曜・祝日
  • 【駐車場】
  • 【公式サイト】http://saa.lolipop.jp/index.html
  • 【問い合わせ(TEL)】011-664-8555(札幌航空協会事務局)
  • 【マップコード】575 078 433*88