&小樽

大きな北の魚の展示やイルカのショーを楽しみ、
「海獣公園」でアザラシやトドに会おう!

祝津の高台に建つ歴史ある水族館。とにかく大きい北の生き物の展示では、日本にもともといる淡水魚の中で最大になるイトウ、1.2mもあるオヒョウ(カレイの仲間で最大2.5mにもなる!)、重さ20kgもあるミズダコなどに会えます。また水温3℃の冷たいタッチプールもあり、北海道らしい水族館になっています。大きな特徴は、自然の海を生かして設けられている「海獣公園」。ここには迫力のあるトドや、50頭ものアザラシが暮らしています。また、国内ではほとんど見られないネズミイルカを多頭飼育しています。トドのダイビング、イルカのショーなども開催されているので、時間に合わせながら効率よく回りましょう。お土産は出口付近のショップで買える海の生き物たちのぬいぐるみがオススメ。

小樽水族館

  • 【住所】小樽市祝津3丁目303番地
  • 【営業時間】通常(3月下旬〜11月下旬)9〜17時(最終入館16時30分) 冬期(12月中旬〜2月末)9〜16時(最終入館15時30分) 【休館日】11月下旬〜12月中旬
  • 【駐車場】有(有料)*冬期は無料
  • 【公式サイト】https://otaru-aq.jp/
  • 【問い合わせ(TEL)】0134-33-1400
  • 【マップコード】493 841 145*27